相続で節税をするなら松岡不動産鑑定士事務所へお問い合わせください。
松岡不動産鑑定士事務所|相続業務
メールフォーム
プライバシーポリシー
サイトマップ
相続業務 トップページ 不動産鑑定士の役割 サービス内容 料金一覧 事務所概要 無料お見積もり お問い合わせ

税理士・会計士様へ
 
お問い合わせ
 
 
納品までの流れ
サービスの特徴
相続業務の事例
よくある質問と回答
弁護士・司法書士の方
会計士・税理士の方
更正の請求をお考えの方
相続税の節税をお考えの方
 
 
賃料改定のご案内
 
税理士・会計士様へ 業務提携のご案内

不動産の等価交換におかえる交換財産の時価の把握

不動産を交換する時,交換譲渡資産と交換取得資産の時価の差額がこれらの時価の内多い方の金額の20%相当額以内であるかの判断資料になります。

 

同族間・法人間売買におかえる適正な時価の評価


同族法人間や法人と役員間,親族間において不動産を売買する場合,恣意性の介入を排除するためにも
不動産鑑定評価書の活用をお勧めします。




相続・贈与税の課税標準額を求める際,土地の評価は,市街化区域内であれば路線価評価が原則ですが,現況を確認すると特殊な事情があり,路線価評価に見合った価値がないと思われる場合があります。このような場合で,申告の評価をさげるために路線価以外の不動産評価が適切とお考えの時は,不動産鑑定士にお任せください。土地の現実の状況を評価に反映し,評価減を引き出すことで,“路線価を崩す”鑑定評価書を作成致します。

税務上時価算定を求める動機付けが必要な場合
・相続・贈与税の課税標準
・同族法人間・法人と役員間の売買・交換
・親族間の場合の売買・交換
・底地権者と借地権者間における底地の一部と借地権の一部の交換(借地権の存しない所有権を2筆創出する場合)等

相続税の申告や更正の請求



広大地の評価は,財産評価基本通達24-4に定められています。評価方法も平成16年の改正で非常に簡単な計算になりましたが,評価対象地が広大地の評価が受けられる土地かどうかの判断が問題となります。広大地の評価の適用ができる土地とそうでない土地では評価額に大きな差が生じ,相続税が大きくことなってくることになります。大切な顧客に損をさせない,また損害賠償のリスクを回避するためにも広大地評価適用の判断は是非当事務所にご用命ください。きっとご満足いただける結果が得られると思います。また,広大地の適用申請の際添付する開発想定図についてもお値打ちに作成いたします。

サービス内容・広大地


・定額制

サービスの種類
不動産の種類
基本料金(税込)
不動産調査報告書
土地(住宅地)
70,000円
土地(商業地・工業地)
80,000円
土地(袋地・無道路地)
100,000円
土地(不整形地・過小地)
100,000円

 

サービスの種類
不動産の種類
基本料金(税込)
不動産鑑定評価書
土地(住宅地)
120,000円
土地(広大地)
190,000円
土地及び賃貸建物
200,000円

 

サービスの種類
不動産の種類
基本料金(税込)
各種意見書
広大地判定
90,000円~
開発想定図(JW-CAD)※
30,000円~
地価変動率(時点修正率)
40,000円~
その他
30,000円~

※土地(広大地)の鑑定評価書のご依頼を頂いた場合,付属資料として添付します。

・完全成功報酬制
松岡不動産鑑定士事務所では,相続の新規申告・更正の請求の際に必要となる鑑定評価等について完全成功報酬で行っています(登記簿謄本写し等は実費となります)。報酬は、更正の請求の場合、還付額の20%を目安としています。是非,お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 
 
 
松岡不動産鑑定士事務所