特殊な土地の評価 相続税の節税をお考えの方

相続税の節税をお考えの方

相続税の節税をお考えの方相続の手続きは「遺産分割」,「評価・申告」,「納税」の3つに分けることができます。その中でも,特に相続税の申告は税理士の業務で,誰が計算しても同じだという認識がありますが,実際は違ってきます。亡くなったときの遺産分割,評価,申告の方法によって相続税は大きく変わる可能性があります。その中でも土地の評価は,財産評価基準に基づいた路線価方式で評価されますが,特殊な土地の場合,適正な時価を把握しきれない場合があります。

当事務所の不動産鑑定士は特殊な土地の評価に精通しており,課税庁を納得させる不動産鑑定評価書を作成致します。

 

相続税の節税ができる可能性のある土地

相続税の節税ができる可能性のある土地の例として以下のケースがあげられます。
不整形地(形が極端に変形した土地)
間口狭小(間口の狭い土地)
奥行長大(奥行の長い土地)
がけ地・傾斜地 
騒音・振動(鉄道や高速道路、工場等の影響)
近隣に墓地やごみ焼却場等がある土地
袋地(間口が狭く細長い路地状部分によって街路に接している土地)
無道路地(道路に直接接していない土地)
広大地(広大地のフローチャート参照

 

相続手続きのスケジュール

相続税スケジュール

 

広大地のフローチャート

広大地判定

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー